イベント・セミナーEvent

プログラム / Program

【レポート】第1回起業家育成講演会:杉本真樹氏

7月10日(火)
崇城大学G号館2階sojo ventures lab にて杉本 真樹氏(外科医,起業家,崇城大学客員教授)による講演会が開催されました。

本講演は、「Start UPで一歩進んだプレゼン・ピッチのコツと落とし穴」という講演内容で主な参加者の学生にとって今後に繋がる講演内容でした。

 講師紹介:杉本真樹

杉本真樹先生は、VR技術を用いた手術ナビケーションシステム、3Dプリンターを駆使して医療現場のあり方を変えようと取り組んでいらっしゃる方です。実際にVR技術で人体の内部を見ることができるシステムを構築され、手術前に患者の体内を確認できるようすることで、手術のリスク減少に貢献されています。さらには、5月27日「情熱大陸」(毎日放送)にて、VR(仮想現実)を駆使した最先端医療に挑む医療イノベーターとして出演され話題沸騰中の外科医・起業家として活躍されています。

また、これまでにもVRセミナーや講演の一環で起業部にお越しいただき、ご指導していただいております。
その詳細はこちらから↓
第4回起業家育成講演会:http://www.sojo-v.com/archives/2344
VRセミナー:http://www.sojo-v.com/archives/2348

以下、部員によるコメントを紹介します。

インセンティブ・プレゼンテーション

ご講演の中にもありましたインセンティブプレゼンテーションというお言葉を聞いて自分でも実践できそうだと感じました。相手にモチベーションや動機付け、きっかけを作るということをしっかり伝えることができれば、もっと上手にプレゼン内容を伝えられるのではないかと思います。また、杉本先生がおしゃった「あなたがみんなに今だけ」というお言葉に関して、今私がしている事業プランに少し疑問を感じました。私はエコーロケーションを応用した補聴器型デバイスの開発の事業プランを構想しているのですが、情報の分野になるので建築学科の自分がやっている動機付けを明確にはまだできていません。その中で、私だからこそできるという動機付けを見つけて行こうと思います。また、事業プランを進めていくうえで社会に新しい価値観を生み出すことができるようなことを意識に置きながら考えていきたいと思います。 
                                              3年 藤岡

36904413_1237454869748660_2496103811249078272_n

プレゼンのコツ

プレゼンについてですが、スライドのデザインや、話すときの声の強弱、間の取り方、NGワードなど、今後のプレゼンに取り込んでより良いものになるように参考にしたいと思います。特に「緊張しています・一応・まあ・なんていうか」などのNGワードは、自分のプレゼンを見返すと無意識に口癖のように言ってしまっているものがあり、気を付けていこうと思いました。
                                              3年 楢原

36914088_1237454876415326_2928513409144061952_o
 

講演を終えて

 今回の講演会で、プレゼンテーションの在り方や医療分野での起業・ビジネスなどについて学ぶことができました。また、講演後にはVRの体験や質問等にも対応してくださり、部員にとってたいへん貴重な時間となりました。本講演で得られたヒントをもとに、部員一同、さらに起業部での活動に励んで参ります。杉本先生、ご講演いただき誠にありがとうございました!

37076671_1237454829748664_1970232838775111680_n