スタートアップ

SOJO Startup Lab

SOJO Startup Labは、崇城大学起業部の活動拠点です。
崇城大学発のベンチャー起業家の輩出と育成に向けて、最新鋭の設備を完備。

人といっしょにアイデアを練る、モノをつくるという経験ができるよう、グループワークやディスカッションができ、さらに発表の場にも使える「イノベーションルーム」を中心に構成。
学生個人の中に眠っている発想力、構想力、実現力をここで目覚めさせます。
アイデアをかたちにするプロセスで必要なデジタルスキルをサポートする機能として「メディアデザインスタジオ」を整備。将来的には報発信機能も担う。
「プロトタイピングラボ」は学内の「ものづくり」系施設の共同利用を促進します。

img_startup01img_startup02img_startup03img_startup04

SOJO Startup Labを拠点として、世界最先端の起業論と起業家育成プログラムを応用した実践的な起業家教育を行うことにより、崇城大学は、高度で最先端の知識を持った世界で活躍できる起業家、地域活性化の核となる起業家を育成し、日本の起業家教育の聖地を目指します。

SOJO Venture Advisers

学生起業支援の中核として、SOJO Ventures advisersを結成します。
ベンチャー起業家、ベンチャーキャピタリスト、シードアクセラレーター、監査法人、大手企業のベンチャー投資担当者等のベンチャー関係者をアドバイザーとして招聘し、起業家の輩出と育成に向けた支援体制をつくります。
また、産官学の積極的な連携を推進し、崇城大学ベンチャーエコシステムを構築します。これらの関係者・ネットワークを束ね、崇城大学ベンチャービジネス研究所を設立し、インキュベーションオフィスの併設、シリコンバレーオフィスの開設、崇城大学ベンチャーファンドの創設を予定しています。