教員紹介

小野先生起業家育成プログラム アドバイザリーボード座長
小野 長門
Nagato Ono

崇城大学 理事・副学長(研究担当)
崇城大学工学部 機械工学科 教授/工学博士
防衛大学校理工学部機械工学科卒業、東京工業大学理工学研究科金属工学専攻修士課程修了。
1982年3月に日本機械学会畠山賞受賞。
防衛庁技術研究本部第1研究所研究員を経て、熊本工業大学工学部助手、講師、助教授となる。
1991年6月に東京工業大学にて工学博士を取得後、2003年5月に米国ワシントン大学客員研究員(~2004年3月)を経て、2005年4月に崇城大学工学部機械工学科教授となる。
2011年4月に崇城大学工学部長(~2019年3月まで)。
2012年4月に学校法人君が淵学園 評議員(現在に至る)。
2014年6月に公益財団法人日本高等教育評価機構 理事(~2016年6月まで)。
2016年6月に公益財団法人日本高等教育評価機構 評議員(現在に至る)。
2017年7月に熊本県公安委員会 委員(現在に至る)。
2018年4月より学校法人君が淵学園 理事、崇城大学副学長(研究担当)、工学研究科長、地域共創センター長兼務(現在に至る)。
研究シーズに「金属の変形と強さに関する結晶塑性学的研究〜「すべり」のメカニズムを実験的に考察し法則性を追究する〜結晶塑性、転位論、降伏強度、疲労強度、ホール・ペッチ関係、析出硬化メカニズム」

研究業績データベース
http://rsrch.ofc.sojo-u.ac.jp/sjuhp/KgApp?kyoinId=ymkmygoiggy

起業家育成プログラム アドバイザリーボード委員
杉浦 忠男
Tadao Sugiura

崇城大学情報学部情報学科 教授/博士(工学)。
1965年大阪生まれ。 大阪大学工学部応用物理学科卒業、同大学院工学研究科博士後期課程修了。 日本学術振興会特別研究員PDを経て、Max Planck Polymer Research (Mainz, Germany)およびアトムテクノロジー研究体(工技院内、筑波)にて博士研究員のあと、1998年大阪大学工学部 助手、2001年奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 准教授、2016年より現職。 専門は計測情報学で、ナノテクノロジーやナノバイオロジーに関する計測技術の開発や、専門性を生かした生体医工学関連機器の開発などを手掛けており、学際領域での研究経験が多いと同時に、企業との共同研究や共同開発経験も豊富。

研究業績データベース
http://rsrch.ofc.sojo-u.ac.jp/sjuhp/KgApp?kyoinId=ymikyyyoggy

飯田先生起業家育成プログラム アドバイザリーボード委員
飯田 晴彦
Haruhiko Iida

崇城大学芸術学部デザイン学科 教授/博士(工学)、デザインディレクター
1963年大阪市生まれ。
金沢美術工芸大学産業美術学科工業デザイン科卒業。
熊本大学自然科学研究博士後期課程産業創造工学専攻機械知能システム講座修了。
デザイン事務所、カシオ計算機から、熊本大学工学部ものづくり創造工学教育センター特任准教授、首都大学東京システムデザイン学科インダストリアルアートコース准教授を経て、2010年より現職。熊本大学工学部非常勤講師。JIDA会員。STUDIO RAGAZZO主宰。
専門領域はデザイン。プロダクトデザインを中心に、デザインディレクション、商品企画、ブランディング、CIなどデザイン全般。「企業経営とデザイン」、「プロダクトデザインとエンジニアリングの融合」を研究実践している。

研究業績データベース
http://rsrch.ofc.sojo-u.ac.jp/sjuhp/KgApp?kyoinId=ymisyoybggy

起業家育成プログラム アドバイザリーボード委員
中山 泰宗
Yasumune Nakayama

崇城大学学長付 准教授/博士(工学)。
1982年生まれ。崇城大学工学部卒業後、大阪大学大学院工学研究科にて博士号取得。2014年より現職、大阪大学招へい准教授。
専門はメタボロミクス(metabolomics)。代謝物(metabolite)の総体(-omics)を研究する学問で、食べた栄養が体の中で変化する様子を眺めることで新しい発見に繋げる。境界領域のため、生命現象の理解だけでなく、測定方法の開発、データ解析等の研究を行う。

研究業績データベース
http://rsrch.ofc.sojo-u.ac.jp/sjuhp/KgApp?kyoinId=ymbogmyyggy

起業家育成プログラム アドバイザリーボード委員
今井 亮佑
Ryosuke Imai

崇城大学総合教育センター 教授
1977年京都市生まれ
東京大学法学部卒業、同大学院法学政治学研究科修士課程修了。 首都大学東京大学院社会科学研究科教授、早稲田大学現代政治経済研究所主任研究員などを経て、2017年4月より現職。
専門は政治学(政治行動論)。世論調査を用いて、有権者の投票行動や政治意識の分析を行っている。

研究業績データベース
http://rsrch.ofc.sojo-u.ac.jp/sjuhp/KgApp?kyoinId=ymddyooeggy

img_about_ohshima起業家育成プログラム アドバイザリーボード委員
大嶋 康裕
Yasuhiro Ohshima

崇城大学総合教育センター 准教授/博士(理学)。
1978年東京都生まれ。熊本大学理学部卒業、同大学院自然科学研究科博士後期課程システム情報科学専攻修了。
大学院修了後、同大学院自然科学研究科21世紀COEプログラムおよびグローバルCOEプログラムにおいてサーバー管理、Webサイト作成およびeラーニングコンテンツ作成を担当。
2010年から2013年まで日本ITストラテジスト協会理事(Web担当)。
情報処理技術者試験(高度区分)において、情報セキュリティアドミニストレータ、テクニカルエンジニア(ネットワーク)、システムアナリストに合格。
2010年より崇城大学総合教育助教として数学系講義科目を担当。2015年より現職。中等・高等教育の場における数学教育へのICT機器の活用に関する研究を行う。

研究業績データベース
http://rsrch.ofc.sojo-u.ac.jp/sjuhp/KgApp?kyoinId=ymdbgdymggy

起業家育成プログラム アドバイザリーボード委員
田口 雄太
Yuta Taguchi

崇城大学総合教育センター 助教/博士 (工学)。
1985年岐阜生まれ。岐阜大学工学部卒業、同大学院工学研究科博士後期課程修了。2017年より現職。
専門は暗号理論。数学とコンピュータサイエンスが交わる分野であり、情報インフラを支える公開鍵暗号や認証に活用される。現在、金融系や情報資産管理へ発展が考えられるブロックチェーンにおける暗号の役割や形式に関心を持つ。

研究業績データベース
http://rsrch.ofc.sojo-u.ac.jp/sjuhp/KgApp?kyoinId=ymbkyyokggy

起業家育成プログラム アドバイザリーボード委員
王 雪
Setsu Ou

崇城大学総合教育センター 助教/博士 (工学)。
1991年中国・南京市生まれ。2013年立命館アジア太平洋大学国際経営学部卒業、2015年立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科博士前期課程修了、2018年3月東北大学大学院工学研究科博士後期課程修了。2018年4月より現職にある。
専門はイノベーション、アントレプレナーシップ、および研究開発を研究テーマにし、理論と実証の両面から研究を行っている。また、イノベーションについて企業の戦略を定量分析に着目している。現在はICT産業、製造業に関わるイノベーションなどを中心に研究を行っている。

研究業績データベース
http://rsrch.ofc.sojo-u.ac.jp/sjuhp/KgApp?kyoinId=ymmygdoiggy