講義科目

講義科目 / Entrepreneur School

ベンチャービジネスについて学び、アントレプレナーシップを育成します。

5学部10学科で開講
■薬学部:薬学科
■生物生命学部:応用微生物工学科、応用生命科学科
■工学部:機械工学科、ナノサイエンス学科、建築学科、宇宙航空システム工学科
■情報学部:情報学科
■芸術学部:美術学科、デザイン学科

  • ベンチャー起業論Ⅰ

 この講義では、ベンチャービジネスについて学び、アントレプレナーシップを育成します。起業や新事業創出が失敗も成功も合わせて価値あるものと見なされ、その経験を有する人材に活躍の場が次々ともたらされるような文化が醸成されつつあります。また産業構造の変革が起きるような新事業、革新的技術が大学から創出されることが期待されています。本学には起業を支援する環境が整備され、ベンチャー企業への就職や起業家を進路に挙げることが十分に可能です。本講義は、本学の起業家育成プログラムの導入に位置付けられ、若者の起業の事例を通してベンチャー型のビジネス全般について学び、本学サンフランシスコオフィスと連携し、最先端の技術革新や経営環境の変化を俯瞰しながら、アントレプレナーシップ力(起業家精神)を養います。

  • ベンチャー起業論Ⅱ

 この講義では、ベンチャー起業論Ⅰで養われたアントレプレナーシップ力の上に、起業に必要な、事業計画、資金調達、財務諸表など経営全般の基礎を学び、それらの知識を活用したビジネスプラン作成のためのフレームワークを習得します。さらに、3〜5名のチームを組成し、ワークショップ形式で具体的にビジネスプランを作成し、崇城大学ビジネスプランコンテストに応募します。

講義シラバス

ベンチャー起業論Ⅰ 
タイトル 内容
第1回 オリエンテーション 講義概要、講師紹介、崇城大学起業家育成プログラムについて概説。
第2回 アントレプレナーシップとは何か① 起業家の生き方考え方から、アントレプレナーシップについて学ぶ。
第3回 アントレプレナーシップとは何か② 最新の起業の事例から、アントレプレナーシップについて学び、グループ討論を行う。
第4回 ビジネスモデルの変化① マイクロソフト社、アップル社、グーグル社のビジネスモデルを学ぶ
第5回 ビジネスモデルの変化② インターネットとスマートデバイスの進化を学ぶ。
第6回 もののインターネット IOTが切り開く未来社会について学び、グループ討論を行う。
第7回 インダストリー4.0 21世紀の製造業が根本的に変化していることについて学ぶ。
第8回 ビックデーターと人工知能 ディープラーニングとAIがもたらす新しいビジネスについて学ぶ。
第9回 シェアビジネス シェアビジネスのしくみについて学ぶ。
第10回 フィンテック フィンテックビジネスについて学ぶ。
第11回 起業するために必要なこと 若者(学生)はどのようにして起業しているのかについて学び、グループ討論を行う。
第12回 起業のススメ 若者の起業の事例から起業のメリットとデメリットを考察し、グループ討論を行う。
第13回 事業計画と資本政策 ビジョンやビジネスモデルを反映する「事業計画」と資金調達について学び、グループ討論を行う。
第14回 日本と米国の起業環境の違い 米国シリコンバレーのイノベーション・エコシステムから学び、グループ討論を行う。
第15回 講義のまとめ 講義のまとめと教員からのメッセージ。
ベンチャー起業論Ⅱ
タイトル 内容
第1回 オリエンテーション 講義概要、教員紹介、チームビルディング。
第2回 ビジネスプラン作成に必要なフレームワーク① ビジネスモデルを記述、分析、デザインするツールとは。
第3回 ビジネスプラン作成に必要なフレームワーク② ビジネスモデル構築に必要な9つのブロックを学ぶ。
第4回 ビジネスプラン作成① ビジネスのアイデアを探す。
第5回 起業のアイデア、エレベーターピッチ 30秒で自分のアイデアを人に伝えてみる。各チームのアイデア成果発表。
第6回 ビジネスプラン作成② ビジネスの全体像を作る。ターゲティングとマーケティング。
第7回 起業のためのファイナンス入門① 起業に必要な数字の読み方、つくり方の基本をマスター。
第8回 起業のためのファイナンス入門② 起業に必要なお金の集め方の基本をマスター。
第9回 ビジネスプラン作成③ ビジネスプランに落とし込む。ビジネスプラン中間成果発表。
第10回 ビジネスプラン作成④ ビジネスプランのブラッシュアップ
第11回 第5回崇城大学ビジネスプランコンテスト見学 D号館 SoLAホールにてビジコン見学。
第12回 第5回崇城大学ビジネスプランコンテスト見学 D号館 SoLAホールにてビジコン見学。
第13回 第5回崇城大学ビジネスプランコンテスト見学 D号館 SoLAホールにてビジコン見学。
第14回 ビジネスプランの講評 各チームのビジネスプランを実現するために。
第15回 講義のまとめ 講義のまとめと教員からのメッセージ 。

講義科目 / Innovation School

起業するためのアイデアを創出し、実現に向けブラッシュアップするための、イノベーション力を育成します。

5学部10学科で開講
■薬学部:薬学科
■生物生命学部:応用微生物工学科、応用生命科学科
■工学部:機械工学科、ナノサイエンス学科、建築学科、宇宙航空システム工学科
■情報学部:情報学科
■芸術学部:美術学科、デザイン学科

  • イノベーション論Ⅰ

 この講義では、イノベーションに関する概念や考え方について理解し、それを現実のビジネスに結びつけて実践するための知識を身に付けます。私たちの常識や、生活を一変させた、サービス、プロジェクト、人物に焦点を当て、どのようなプロセスでイノベーションを実現したのか、それぞれの方法論を学びます。従来の学問の枠を超えた学際的なイノベーション創出、なかでもデザイン(クリエイティブワーク)の思考法を論理的ビジネスの世界に取り入れる手法を学び、個人の中に眠るイノベーション力を開発できることを目指します。

  • イノベーション論Ⅱ

 この講義では、イノベーション創出のプロセスを把握するため、様々なフレームワークを習得します。さらに、スタンフォード大学dスクールで実践されているデザイン思考を理論的枠組として援用した、ビジネスのイノベーティブなアイデア創出のための実践的なワークショップを通じて、「イノベーション」力を育成し、その成果をもとに崇城大学ビジネスプランコンテストに応募します。

講義シラバス

イノベーション論Ⅰ
タイトル 内容
第1回 オリエンテーション 講義概要、教員紹介、イノベーションとは何か?。
第2回 イノベーション創出が望まれる社会的な背景 AI、ロボティクス、バイオテクノロジーの進化により、人々の暮らしが激変する。未来の雇用は?
第3回 イノベーションとは何か① 内外のイノベーションの実例から、イノベーションの本質を理解し、グループ討議を行う。
第4回 イノベーションとは何か② アントレプレナーとイノベーション。持続的イノベーションと破壊的イノベーション。デザインシンキング~人間中心のイノベーション。
第5回 イノベーション創出プロセス① アイデアを生み出すための4種類の方法論。
第6回 イノベーション創出プロセス② デザイン思考 デザイン思考が生まれた背景~スタンフォード大学dスクールのデザイン思考~これについて考え、グループ討議を行う。
第7回 イノベーション創出プロセス③ 「デザイン思考」を活用した成功事例。
第8回 イノベーション創出プロセス④ 創造的問題解決(CPS)のフレームワーク。
第9回 イノベーションの成否を分けるのは 人がモノを買う行為そのもののメカニズムを解き明かし、予測可能で優れたイノベーションの創り方。
第10回 イノベーションの新しい潮流 リバースイノベーションとは。
第11回 イノベーションの実践者① アラン・ケイとスティーブ・ジョブズのイノベーション力を検証し、グループ討議を行う。
第12回 イノベーションの実践者② サルマン・カーン(カーンアカデミー創立者)のネット時代の教育革命を知り、グループ討議を行う。
第13回 イノベーションの実践者③ One Laptop per Child (OLPC)。100ドルノートPCを世界中の子どもたちへの活動を知り、グループ討議を行う。
第14回 イノベーションを起こす人材 イノベーション人材が身につけるべき要素や能力について考え、グループ討議を行う。
第15回 講義のまとめ 講義のまとめと教員からのメッセージ。
イノベーション論Ⅱ
タイトル 内容
第1回 オリエンテーション 講義概要、教員紹介、イノベーションとは何か?。
第2回 各自がイノベーションについて考える イノベーションと思われる事例を挙げ、理由を発表。興味に沿ってチームビルディング。ブレイン・ストーミング。
第3回 イノベーション創出メソッド① 親和図法。課題解決のためのアコモデーションとインサイト
第4回 イノベーション創出メソッド② Value Graph。Value Graph作成ワークショップ。
第5回 イノベーション創出メソッド③ プロトタイピング、強制連想マトリックス法、2軸図、CVCA(顧客価値連鎖分析)。
第6回 イノベーション創出メソッド④ デザイン思考の5ステップ。共感~問題定義~創造~プロトタイプ~テスト。
第7回 イノベーティブなビジネスデザイン① 技術起点のイノベーションビジネスプラン。
第8回 イノベーティブなビジネスデザイン② 市場起点のイノベーションビジネスプラン。
第9回 イノベーティブなビジネスデザイン③ 社会起点のイノベーションビジネスプラン。
第10回 イノベーティブなビジネスデザイン④ 人間中心のイノベーションビジネスプラン。
第11回 第5回崇城大学ビジネスプランコンテスト見学 D号館 SoLAホールにてビジコン見学。
第12回 第5回崇城大学ビジネスプランコンテスト見学 D号館 SoLAホールにてビジコン見学。
第13回 第5回崇城大学ビジネスプランコンテスト見学 D号館 SoLAホールにてビジコン見学。
第14回 ビジネスプランの講評 各チームのビジネスプランを実現するために。
第15回 講義のまとめ 講義のまとめと教員からのメッセージ。