新着情報Information

PILL PACKAGE

プランの概要

ミッション

「真っ白でつまらない、薬の包装をもっと楽しく!!」

思い

「薬をのむ」というとどうしてもマイナスの感情を持ってしまいがち。
そこで!見るだけでお薬を飲む人が明るく、楽しい気持ちになれるようなお薬の袋をつくりたい!と思ったのがこのプロジェクトの始まりです。
将来薬剤師になる私たちができることは何か。お薬をもっと良くするために、学生である今だからこそできることをやっていきます。

試作内容

薬袋(お薬をまとめて入れる袋)と幼稚園や保育園の子供たちが描いた絵をコラボさせて、ポップで可愛い薬袋を作っています。

現状

現在、繋がりのある幼稚園や保育園にアタックして、絵を提供してくれるところを見つけました。まずは自分たちで実際に薬袋のサンプルをつくり、印刷会社に依頼して薬局で使うものを生産します。

project1611_06_02

今後の展開

現在自分たちで薬袋をつくっています。それを持って印刷会社に依頼、使ってくれる薬局探しをします。
まず2016年中に3つの薬局と手を組むことが目標です。最終目標は熊本県内30の薬局と手を組むこと!そして全国にこの活動を広げること!!

メンバー紹介

川口晴香
みなさん、「お薬」にどんなイメージを持っていますか?病気の人がのむもの?まずいもの?うーん、人それぞれですよね!!私はちっちゃい頃から薬も病院も大好きでした。妹がのみたがらない薬を私がのみたがって、お母さんをよく困らせたくらい…(笑)
薬剤師になったらきっと忙しくて「薬をもっと楽しいものに!」なんてきっと言えないから。学生のうちにみなさんの薬のイメージが変わるような活動をしていきます!

青木祐矢
私の祖父母はとても元気ですが、サプリメントも含めて多くの薬を飲んでいます。どんなに健康な人でも一生薬いらずという人は殆どいないはずです。そんな誰もが必ず通る苦しさを、私たちの手で和らげます!

project1611_06_03