新着情報Information

崇城大学とポート株式会社が連携

崇城大学(本校:熊本県熊本市、学長:中山峰男)は、ポート株式会社(本社:東京都新宿、代表取締役:春日博文氏)と連携し、熊本県の地方創生を支援いたします。 地方では、若者の首都圏への流出が深刻な課題となっており、これが少子高齢化を誘引し、地方経済が疲弊していくという悪循環を招いています。この主たる原因は、地方には若者の働く場がない、という一点に集約されます。このような課題に対して、本学は、起業家育成プログラムを構築し、日本初の大学公認起業部を設立するなど、本格的な起業家教育を行ってまいりました。この度、本学が、地方創生支援の実績あるポート株式会社と連携して、県内に起業家のリーダーを育成・輩出を促進することで、若者の夢の実現や地域経済への貢献を目指します。

【連携目的】熊本県の地方創生を支援
【連携内容】起業実績の促進・企業誘致・就労支援・UIJ促進・採用サイト制作などの全体最適化

本連携により、地域に根ざした本学と東京のベンチャー企業であるポート株式会社とが提携することにより、お互いの人材、情報、ノウハウ、ネットワークなどのリソースを有機的に連携させることで、より実践的な起業家育成による地方創生を行います。将来の熊本県を担う起業家やリーダー輩出と熊本県内に魅力的な若者の雇用の場を創り、県内での若者の定住、県外の若者の移住を促進させ、県内の人口減少の抑制を図ることを目指します。

■講演会
民間企業だからこそできる地方創生 「若者の雇用創出による地方創生」
丸山 侑佑/ポート株式会社 取締役副社長COO
日時:9月8日(木) 18:30~20:00
開催場所:くまもと県民交流館パレア 10階第7会議室
参加費:無料
主催:熊本県 / 崇城大学
http://wasamon-kumamoto.jp/events/2016/240.html

※ポート株式会社は、「雇用の創出による地方創生」をテーマに地方創生事業を行っています。2016年4月、宮崎県日南市にIT企業として初めてサテライトオフィスを設立し、5年で100名の新規雇用を計画しています。サテライトオフィス設立により、地方における働き方のバリエーションを豊かにし、住民、とりわけ若い世代における仕事満足度の向上、より多くのIターン、Uターンの受け入れを促進することを実現しています。

詳しいお問い合わせ
総合教育センター(イノベーション論) 准教授 中島厚秀
E-Mail: anakajim@ed.sojo-u.ac.jp
TEL: 096-326-3693 (直通)